2019年8月6日(火)18:00~20:20、ライフスタイル・コンシェルジュのプレミアム企画「七夕エグゼクティブナイト」を開催いたしました。このイベントは、毎年仙台七夕まつりの初日に行い、今回で7回目を迎えます。今年の仙台七夕まつりは天気に恵まれ、仙台の夏の風物詩でもある鮮やかな七夕飾りをご覧になられるお客様で、街中が賑わいました。1

今年は、平成から令和へ、新しい幕開けの年です。
2019年の弊社の七夕飾りは、令和のもととなった万葉集の言葉にちなんで梅の花をデザインし作成しました。ライフスタイル・コンシェルジュでご縁をいただいたお客様をはじめ、作家さん、セミナー講師、そして関わってくださる学生の皆様、清月記グループでお世話になっているお客様やご協力会社の皆様、社員、そして家族にご協力をいただき、完成することが出来ました。「令和」に込められた想い、「1人ひとりが、花を大きく咲かせることができる日本でありたい」。この想いが通じ、今年は仙台七夕まつり協賛会様より『銀賞』を受賞することができました。ご協力くださった皆様に感謝申しあげます。そして、当社の七夕飾りを2階から眺めながら、ゆったりと一乃庵.の七夕オリジナルコース料理、そしてアンデスの風を感じるケーナとピアノの生演奏を贅沢にお楽しみいただきました。 2

お料理は、一乃庵.洋食シェフ梅津が前菜から最後のデザートまで趣向を凝らし、心を込めてご準備させていただきました。またお飲物は、ビールや日本酒をはじめ、ソムリエがお勧めするワインからオリジナルカクテルまでお料理に合わせて堪能いただきました。 LINE_P20190809_142415865

そして、この素敵な七夕の夜をさらに盛り上げてくださったのは、ゲストのケーナ奏者 高橋 易宏さんとピアニスト 稲垣 達也さんのお二人のご演奏です。

LINE_P20190809_142415873

DSC00206

DSC00236

1曲目は、南米音楽としても有名な「コンドルは飛んでいく」。初めてケーナの生音を耳にしたお客様も多くいらっしゃいましたが、ケーナの澄み切った美しい音色にすぐに引き込まれました。七夕にあわせた選曲もご準備いただきましたが、私たちに聴きなじみのある曲もあり、思わずリズムに乗って口ずさむお客様もいらっしゃいました。その他、お二人のオリジナルの曲で稲垣さんが作曲された「Milky ways」「Notes of Trees」など、多彩なリズムとその世界観に瞬く間に魅了されました。ピアノ稲垣さんの奏でる旋律は、曲に合わせて軽快なリズムから優しい音色、また心に響く力強い曲まで変幻自在。お二人の演奏すべてが心地よく、心に染みわたりました。ケーナ奏者高橋さんは、曲に合わせて数種類の笛を使い分け、また足にはアルパカやリャマの抜け落ちた爪を束ねた楽器「チャフチャス」をつけて演奏くださいました。最後のアンコール曲には、曲に合わせて演奏者とお客様が手拍子や足でリズムをとり大盛況で、贅沢に音楽を楽しませていただきました。ありがとうございました。

DSC00258

DSC00262

ライフスタイル・コンシェルジュでは、四季折々のお食事と様々な文化芸術を感じられるイベントを今後も開催してまいります。10月には「観月会」を予定しております。今後ともライフスタイル・コンシェルジュの企画にご期待ください。

ライフスタイル・コンシェルジュ  スタッフ一同