2019年3月20日(水)13:30~15:00、石川かおり脚本・朗読「物語と詩のかけらⅥ」を開催しました。029

ライフスタイル・コンシェルジュでは3月31日まで、「石川かおり 絵本と詩画集 二冊の本の原画展」を開催しております。こちらは、2019年2月に出版された詩画集「物語と詩のかけら」と東日本大震災の実話に基づいて出版された「帰ってきた小船」の原画を展示しております。

5

ファンタジー画家 石川かおり氏顔写真 (4)

 

 

 

 

 

 

 

本日のラウンジセミナーは、石川さんが自ら脚本書き、朗読されるパフォーマンスで、俳優の茅根利安さんと音楽家の只野展也さんと3人で構成されています。石川さんのファンタジーあふれる絵画がスクリーンに映し出され、石川さん、茅根さんのかけあいを只野さんの優しい音楽が包み込み、会場中がまるで童話の中にいるような不思議な浮遊感に包まれました。参加されたお客様も「これは絵なの?童話の世界なの?」と幻想的な作品に引きこまれ、とてもご満足いただけたようです。ライフスタイル・コンシェルジュでの石川さんの朗読パフォーマンスは、今回で3回目となりますが、本日は東日本大震災で実際にあった出来事がモチーフになった「帰ってきた小船」という絵本の朗読が初めて行われました。津波に流された小船が遠くハワイまで漂流し、人々の関わり合いがあって元の場所に戻ることができたお話しです。人と人とのつながりに感謝しつつも、絵本や 朗読というかたちで、震災を忘れないよう語り継ぐ試みにも感動しました。

023

私たちの普段の生活の中では、朗読鑑賞する機会は少ないかもしれません。本日は、石川さんにしか表現できないファンタジーな世界観を、俳優 茅根さんの表現豊かで巧みな声、そして物語に彩りと深みを与える只野さんが奏でる音楽。とてもぜいたくなひとときを過ごせました。016

054

本日は、午後のセミナーでしたので、一乃庵.による〝アップルパイ〟デザートプレートをご賞味いただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様のこえです。

  • とても素敵なひとときを過ごさせていただきました。震災の日が誕生日だった私にとって毎年感慨深く3月11日を迎えています。今日は改めて感じさせていただいた一日でした。
  • あっという間のひとときを過ごさせていただきました。このような時間が過ごせるのを、至福の時というのだろうか。自分の中の感性を呼び覚まさせていただいた気分です。どんなに年齢を重ねても、自分の感性を大切にして自らその感性を生かす努力をしなければ、と感じました。
  • 映画のワンシーンを見ているような素晴らしい絵と音楽、そしてナレーションのマッチングは素晴らしかった。またやっていただきたいと思います。
  • とても素晴らしい物語を聞かせていただき、本当にありがとうございました。一時、全てを忘れて聞き惚れてしまいました。あっという間の時間でした。またこのような機会に会えますことを願っています。
  • やはり只野さんの演奏はとても心に響くものがありました。朗読も惹き込まれてしまいました。素敵な時間をありがとうございました。最近絵本が好きになりました。私の道はどこに繋がって、どんな物語が生まれるのだろう…扉を開けて一歩!
  • 朗読と絵と音楽でこんな世界が描けることを、初めて知りました。そのどれもが引き立って素晴らしかったです。夢を絵にすることが出来る才能に感心します。自分も単純な絵ですが、物語を込めて描くよう心がけたいと思います。
  • 映像ではなく画像、語り、音楽で物語をつづる。想像力を掻き立てられました。
  • 石川さんの幻想的な世界、ファンタジックで本当に素晴らしかったです。茅根さんの朗読、いつも感動するのですが今日のファンタジックの世界もまた素晴らしかったです。只野さんの音楽の世界は初めてでしたが、素晴らしい世界でした。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら