2018年7月25日(水)10:30~12:00で、「老後は自宅? 施設?~高齢者の住まい選び7つのポイント~」と題して、仙台シニアの住まい紹介センター 入居相談員 福岡 直樹氏をお迎えし、高齢者の住まいの選び方のポイントについて教えていただきました。

029

老後の住まい選びについては、大変切実な悩みで不安もあることから、踏み込んで調べようと行動に移すことが難しい課題でもあります。また、法律の改正に伴い、介護保険や施設選びにも最新情報が必要となりますが、本日は、全国から宮城県の事例に基づいて詳しくご説明いただきました。

036

理想の「終のすみか」として、ほとんどの方が『自宅』を希望されるそうです。そこで、自宅で受けられる在宅介護サービスと、施設を利用された場合のサービス内容を比べ、メリットとデメリットを教えていただきました。施設入所により、生活に張りが無くなるのでは?とも考えがちですが、実際に施設を選択された方の声として、施設ではレクリエーションや学習セミナー、趣味の教室等を通し、様々な人との関わりを持つことによって、さらに身嗜みにも意識が高まり「生活に活力がでた」という方も多いようです。その為にも、ご自分にあった施設選びが必要ですが、施設には様々な種類が存在します。老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホーム、グループホーム、ショートステイ、住宅型有料老人ホーム、サービス付高齢者向住宅等が存在しますが、それぞれの特徴や費用はもちろんのこと、ご自分の希望にあった施設は何に当たるのかを、お一人で調べることは困難です。さくらヘルスケア 仙台シニアの住まい紹介センター」では、様々な施設の住まい探しだけではなく、介護保険制度について等、様々な介護に関する相談が無料で出来ます。施設選びにおいて、見学と体験入居は必須であるそうですが、その際に何をポイントとして見るべきか、アドバイスがいただけるのも心強い理由の一つです。また、施設側では「施設のいい面」を強調して説明されるかもしれません。お客様と施設をよく知る中立的な立場で相談ができる場所の存在を知り、安心された方も多かったようです。

038

また、本日ご説明いただいたスライド資料は全て印刷していただき、お客様にお持ち帰りいただきました。「資料をもとに家族と相談し、夫と一緒に見学の相談に来たい」という声も聞かれました。今回のテーマは、お申し込みされるお客様が大変多く、超高齢社会の今、加齢とともに変化する住まいの在り方について興味関心が高いことを実感いたしました。これからの自分にあった住まい選びは、それぞれの環境や身体状況、経済性によっても異なります。お元気である今だからこそ、ご自分の納得がいく選択肢を見つけられるように、今回のセミナーが行動に移すきっかけになれば幸いです。

031

軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」の和食メニューをご賞味いただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • いずれ考えなくてはと思っていたので参考になりました。見学など行きたいですね。もちろん自宅が一番いいのですが、子ども達に迷惑をかけたくないし、場所を決めるのも難しいですね。
  • とても勉強になりました。もう少し時間がほしかったです。親の老後の為の情報がほしくて参加しましたが、イメージが湧きました。
  • 自分自身は大変参考になる話でしたが、できれば自宅で過ごしたいです。為になる話でした。ありがとうございました。
  • 今まであまり情報が無かったので、今日セミナーを聞かせていただき、これからの参考になったと思います。
  • 大変参考になりました。この先の心配はありますが、さくらヘルスケアさんに相談できるので、随分楽になりました。
  • これからの自分達のことを考えて参加させていただきましたが、とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 現在一人暮らし。今後どうするか考える上で、とても参考になりました。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

 

ラウンジセミナーの情報はこちら