2018年1月17日(水)10:30~12:00で、ほねつぎ高松はりきゅう整骨院 院長 古田 宏貴氏をお招きし、姿勢と健康の関係について教えていただきました。

①

お客様はそれぞれ、健康について色々な悩みを持たれていると思います。姿勢が悪いことで健康にも影響を及ぼすことは知っていても、「正しい姿勢とはどんな姿勢か?」「なぜ姿勢が悪くなったか?」が分からない方が多いと思います。本日は、スクリーンで実際に写真を見ながら、正しい姿勢と悪い姿勢の違いについて解説いただきました。本来正しい姿勢とは、横を向いた時に、耳の穴、肩の先、股関節、外くるぶしが、すべてまっすぐになることが理想であるそうです。重心が前に移動してしまっているため猫背になっている、また股関節の位置が大きく前に出てのけ反った姿勢になりお腹が突き出してしまっている等、写真を使って違いを説明頂くことで大変わかりやすく理解ができました。私たちコンシェルジュスタッフも、セミナー終了後にお互いの立ち姿勢の写真をとりあい、指摘し合う良いきっかけになりました。

3

015

歪みの原因は、先天的・後天的な変形の他に、骨格を支える筋肉の低下があるそうです。体幹を支える筋肉が低下することで、骨格や姿勢が悪くなり、筋肉そのものが硬くなることから、様々な症状に現れると教えていただきました。症状として、疲れやすい、自律神経の乱れによる不眠、そのほかにも内臓下垂など、様々あるそうです。本日はその関係する筋肉の種類や特徴も教えていただき、仕組みを知ることで、体幹の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることの重要性と「姿勢と健康」の関係についても理解できました。さらに筋肉を和らげることの効果として、脂肪が燃えやすい、太りにくい体になることを説明いただき、改めて日ごろの姿勢に対する意識、運動やストレッチの継続を心に決められたお客様が多かったと思います。また、本日参加されたお客様の中で希望された方は、お一人ずつ前に出ていただき、皆様の前で立ち姿勢を診ていただきました。お客様にあわせた姿勢のアドバイスをいただき、御本人はもちろん、ご覧になっているお客様にもわかりやすいご説明に興味津々のご様子でした。

③

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」の中華点心メニュー、最後にミニ塩ラーメンもお楽しみいただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様のこえです。

  • 生活するうえで、今日は大切な話を聞けて参考になりました。毎日ジムに通って運動はしていますが、意識して身体を動かすと全然違ってくると思います。お腹に力を入れるというのも大事だと伺いました。
  • まさに今の症状に当てはまり、ためになりました。体幹を鍛えて内臓を元の位置に戻したいと思いました。骨を正しい位置に戻すこと、維持するには筋力が必要なのだと、改めて運動・ストレッチの大切さを感じました。
  • 毎日の生活を充実させるため、疲れにくい身体になりたいと常に思っています。そのためには体幹の筋肉を鍛えるのが大切だという事がよく分かりました。週に2・3回筋トレに通っていますが、続けていこうと強く思いました。座っている時、歩いている時も意識して腹筋を鍛えていきたいと思います。参考になるお話をありがとうございました。
  • 年齢と共に悪くなってくる姿勢ですが、お腹に力を入れるという意識の大切さを改めて教えていただき、できるだけ今日の学びを毎日の生活に活かしていきたいと思いました。
  • 日頃の姿勢から身体のゆがみができてくるとの話、日常の姿勢を振り返るいい機会になりました。ありがとうございました。
  • 健康に関するセミナーは大いにやってほしいと思います。歩く時も座るときも気を付けていますが、なかなか楽な方に流され、娘にはいつも背中が丸いと言われます。そんなつもりはないのですが、丸くなっているのですね、きっと。
  • ずっと悩んでいた腰痛・姿勢の悪さについて教えていただいたので大変良かった。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら