2017年12月6日(水)10:00~12:00で、宮城県立がんセンター がん相談支援センター 医療ソーシャルワーカー 小野 貴史 氏を講師にお招きし、病気になった時に必要となる正しい情報の集め方や治療費について、またその対処方法について相談事例を交えてわかりやすく教えていただきました。標記セミナーは9月にも開催させていただき、今回で2回目となります。今年の8月から改正された75歳以上の高額療養費の上限額の見直しもあり、関心の高いお客様が多くいらっしゃいました。

010

講師の小野氏が医療ソーシャルワーカーとして相談対応されている「がん相談支援センター」は、全国のがん診療連携拠点病院などに設置されている「がんの相談窓口」です。がん専門相談員としての研修を受けたスタッフより、信頼できる情報に基づいて、がんの治療や療養生活全般の質問や相談を受けられます。今回参加されたお客様の中には「がんの相談窓口」という存在を初めて知ったという方もいらっしゃいました。

020

病気になった時の不安は、誰もが抱えておられることと思います。万が一病気になってからでは、落ち着いて考えるのは非常に難しいことです。日本人の2人に1人ががんに罹患する時代、また超高齢化社会を迎える今、現状をどう捉え、どんな準備が必要か、たくさんの事例を含めて丁寧にご説明をいただきました。より知識を深められたという方、また今回のセミナーが考えるきっかけになり家族と話してみたいというお客様もいらっしゃったようです。お一人で悩まず、専門家に話しを聞いてもらうことで解決できることが多くあると教えていただき、安心されたお客様も多かったと思います。さっそく通院している病院の相談室や地域の相談窓口を調べてみたいというお客様もいらっしゃいました。

016

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」による和食膳メニューをご賞味いただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様のこえです。

  • 大変に有意義なお話し、為になりました。難しいお話しではありますが、自分も差し迫っている題でしたので、ありがたかったです。これは私だけではなく家族も聞くべきことと思います。帰りましたら資料を見せて話しをしようと思いました。
  • 病気になると本当に不安になるものです。本日のセミナーにより、前もって病気になった時のことを考えておくことの大切さを実感しました。困った時は、病院や地域の相談窓口を利用してみます。セカンドオピニオンについての本当の意味も理解でき、有意義なセミナーでした。ありがとうございました。
  • とてもわかりやすく、大変よかったです。老人の2人家族ですので、色々な面で安心いたしました。ありがとうございました。
  • 話し方が上手で大変わかりやすかった。資料が見やすく、理解を深めることができました。
  • 丁寧でわかりやすかった。実際相談すると混乱すると思いますが、今日のお話しではっきり確認できたので良かったです。ありがとうございました。
  • とてもわかりやすい説明でとても参考になりました。知識として知らないことが多かったのでとても勉強になりました。
  • いざという時、どこに相談に行ったらいいのか今から場所を探しておきます。大変参考になりました。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら