2017年7月26日(水)の午前と午後の2回、講師に㈱地球の恵 代表取締役社長 樹 美千子さんをお招きし、「健康美肌になるためのお肌の基礎知識」と題して、いつまでも若々しいお肌で美しく年齢を重ねていくための“お肌の基礎”について教えていただきました。②
なかなか自分に合う化粧品が見つけられない、あるいはご家族にアトピー性皮膚炎の方がいらっしゃる等、参加された動機は様々でしたが、いつまでも美肌でいたいという思いはどんな方にも共通していると思います。当初1回開催で予定しておりましたが、あっという間に定員を大きく超えるお申し込みがあったことから増設して2回実施いたしました。

本日は、お肌の基礎に加えて、洗顔方法と化粧水の付け方、マッサージのコツ等について教えていただいております。洗顔における優しく洗う力加減を、講師が一人一人の手の甲に石鹸の泡をのせて実演してくださいましたが、その予想以上の優しさに「こんなに弱くていいのですか?」と質問されるお客様が続出いたしました。「やさ~しくなでる」という表現がぴったりかもしれません。
⑤
また、化粧水は少しずつ3~4回に分けて手のひらで優しく抑えるように肌に馴染ませる方法を全員で体験いたしました。本日参加されたお客様は、ご自身の洗顔方法や化粧水の付け方が、実は肌に負担をかけていたということを実感していらっしゃるようでした。
③
顔のマッサージにおいては、指の腹を「化粧が取れない程度に」すべらせるという力加減を教えていただきました。皮膚が引っ張られると、シワ・たるみの原因となります。マッサージというよりも「なでる」という印象を受けました。

この時季に多いというイメージがある紫外線ですが、太陽の日差しと関係なく肌にダメージを与えるA波は、季節を問わず、日焼け止めを使用する必要があるそうです。また、年齢が表れやすい首や手も、顔と同じようにケアすることで、より若々しい印象を保てるということでした。

そして、鏡に映る自分を嘆かずに、テンションが上がるような言葉を自分自身にかけてあげることも、アンチエイジングには効果があるということです。「今日も肌がキレイ」「肌にツヤがある」など。皆様もお試しください。

午前の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」のきざみ鰻丼、焼き茄子とじゅんさいのお吸い物による和食膳メニューを、午後には「宇治抹茶と和栗のテリーヌ仕立て フルーツ添え」でティータイムをお過ごしいただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • やさしく洗うという基本を忘れていたので、それだけでもためになりました。
  • 大変勉強になりました。基礎化粧品を何種類もつけ、日焼け止めを使用しておりました。ムダをしていたようです。
  • お肌はやさしく、ゴシゴシはダメなんですね。美肌に近づく様になるといいです。何でも(年をとっても)興味を持つということは良い事ですね。この様な機会と場所をありがとうございます。
  • 何歳になっても女性は美が気になります。現状維持でも良いので、気を付けていきたいと思います。その意味で今日はとても参考になりました。忘れないようにして実行してみたいと思います。
  • お肌をやさしくなでる事を学びました。何歳になっても美しくいる事を心がけたいと思うきっかけになりました。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら