8月24日(水)10:30~12:00で、「大人のためのプレミアムマガジン“Kappo”」編集長の川元 茂氏を講師にお迎えし、ロケーションが素晴らしいそば店、古民家そば屋など、おでかけしても楽しめるそばの名店をご紹介いただきました。
hp3
東北のそばの魅力は、そこに至るまでの道のりや、周辺環境、店からの景色や座敷の雰囲気なども含めて判断した方がいいのではないか、という視点で今回の特集を組まれたそうです。そのため、県内では、仙台市中心部ではなく、登米市や柴田町などのそば店が紹介されました。
hp8
最初にみやぎのそばについてお話がございましたが、平成の初めの頃は、まだまだ宮城県内に手打ちそばを行っているところは少なく、おいしいそばと言えば山形に通う方がほとんどだったそうです。しかし、そばブームの到来などもあり、宮城県のそばは、山形そばの影響を受けながら進化し、今やおいしい手打ちそばを提供するそば店がかなり増えております。格段に「粉」が良くなったこともあり、それに伴ってそばの味は向上しているということでした。

本日のお話を伺って、味はもちろん、周辺環境や風景も味わう贅沢な時間を過ごせるそば店が紹介されていると感じました。美味しいものと自然の風景が好きな方にはおすすめの内容です。早速出かけたくなったお客様が多かったと思います。

毎回、編集長自らが、その号の特集を深く掘り下げて、分かりやすくお話してくださるため、毎回大変な人気のセミナーとなっております。お客様の中には、ラウンジKappoの参加を機に、13周年記念号で特集された飲食店を全て巡っていらっしゃる方までおります。それだけ川元氏(=Kappo)が紹介してくださる情報に魅力があるのだと思います。何より地元の魅力をタイムリーに知ることができることは、とても有難いことです。

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」の和食膳メニューをご賞味いただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 最近、特にそばを食べる楽しみにはまっています。「すぎやま」は三陸道を降りて林林館に寄る時に、入口の看板を横目で見ながら気になっていた店です。今日のお話を聞いて決心しました!!
  • おそばを食べたくなりました。娘の車を当てにして、そしてどこかのお風呂と・・・。今日のお話で楽しみが増えました。“敬老の日”のプレゼントにおねだりしましょう。
  • 個人的にはあまりそばは好きではなかったのですが、お話を聞いて食べに行ってみたいと思いました。
  • 今日は楽しいお話をありがとうございました。Kappoを見てから参加させていただきましたので、より分かりやすく興味を持って聞かせていただきました。ぜひ近くから行って、実際に食べてみたいと思いました。
  • 興味の持てるお店、近場で行けそうなお店など知ることが出来、良かったです。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら