6月8日に続き、22日(水)も10:30~12:00で“絵っせすと”の前田 優光氏を講師にお招きし、標記セミナーを開催いたしました。
hp1
50歳を過ぎてから絵を志されたことを通して、多くの経験と出合いがあったという前田 優光氏。そのことが新たな方向性へとつながっていったという経験談は、同世代のお客様にとって大きな刺激となったようです。いくつになっても新たなことにチャレンジすること、学びを続ける姿勢が脳に良い影響を与え、それがアンチエイジングにも効果があるということは、前田氏ご本人を見れば一目瞭然のことです。その若々しさに、実年齢を聞いて驚かれた方がほとんどでした。
hp3
新たなことにチャレンジすることは、機会に恵まれるだけでなく、それに取り組むための努力が必要です。単にめぐり合わせだけでは成し得ないことを、努力によってチャンスに変えて来られたことがお話からよく分かりました。
新しいことを吸収し、知りたいことは海外であっても現地に足を運んで学ぶ行動力が、現在の前田氏の物事の見方を形作っているのだろうと感じました。

前田氏は、ご自身の使命を「伝える」ことだとおっしゃっています。自分自身の経験を伝えることで、誰かの役に立つことができたらと、今回のラウンジセミナーもご対応いただきました。このような挑戦によって、次なる新たな道へとつながっていくことを教えていただきました。

将来にわたって挑戦し続けることができるものを見つけておく、このことは、人生を充実させるためには必要なことかもしれません。そのためのヒントを、ライフスタイル・コンシェルジュでは、毎週のラウンジセミナーを通してご提案していきたい、と考えております。

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」のサンドイッチメニューをご賞味いただきました。仙台文学館「ひざしの杜」で、一乃庵.がお料理を提供していることをご紹介したところ、「先日主人と行ってきました」というお客様もいらっしゃいました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 前田優光さんがお話上手で、楽しく知識が増えました。まず好奇心を持って、何かに夢中になることをスタートさせたいと思いました。今日は大変貴重な機会をどうもありがとうございました。
  • お話だけだとちょっと物足りないかな?と思っていたのですが、充分に内容の濃いものでした。でも、いつかまた、ちょっと絵も手ほどきいただければ幸いです。年齢よりもかなりお若く見える先生。お話の中のことを実践していらっしゃる証拠ですね。
  • 絵を通して、また新しい世界のお話を聞く事ができ、これからの人生の参考にしたいと思います。やはり出ていくこと、話を聞くことの大事さを実感しました。大人になっての「学び」は楽しいですね。「好き」を大事にすればいいんですね。
  • 画家・安野光雅さんからの流れで、前田さんのタッチ。納得です。“心をつき動かすもの”がスタート。これもまた納得。来てよかった。聴いてよかった。みてよかった。アンチエイジングの内容が絵とどんな関わりが・・・と思っていましたが、普段思っていたことがそのまま表現されていて、心が満たされて帰ります。
  • 会場がゆったりしており居心地が良いです。絵とは心の栄養になるようです。前田先生とのご縁に感謝でございます。前向きな人生でありたい・・・と感じます。
  • 貴重な時間でした。優しい話し方にも人柄が出ていました。お友達にも教えてあげたいと思いました。8月に主人が定年で(仕事を終えて)帰って参ります。15年単身でした。これからの生活も充実するよう足元を見ていきたいと考えさせられました。
  • アンチエイジングの言葉をどうしても意識する世代になり、今日の前田さんの生き方、たくさんの参考になる言葉など、明日からの自分の動きを少しでも前向きに、更に努力しようと思いました。この企画に感謝申し上げます。
  • 絵を描くということは人生、その人となりが大事で、いくつになっても挑戦をする。毎日好奇心を持って何かを始めたい。小さいことでもJust do it.ですよね。毎回ラウンジセミナーでは勉強させていただいております。ありがとうございます。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら