ライフスタイル・コンシェルジュでは、毎年、東北の手仕事やモノづくりに焦点を当てた企画展を開催してまいりました。
今年は、風土を活かしたモノづくりが残る東北各地の手仕事を紹介するほか、秋岡芳夫氏(工業デザイナー)自身が里もの生産方式を導入して地域づくりに取り組んだ「大野木工」(岩手県大野村/現洋野町)もご紹介し、地域資源を活かしたモノづくりが果たす役割について考えていきます。
多様なモノづくりが可能になった現代において、風土を活かすことによる「豊かさ」「楽しさ」「困難さ」がつまったモノづくりの姿をみつめます。
関連セミナーも企画いたしましたので、ご興味のある方はどうぞご参加ください(事前申込み制・抽選)。

企画展「里もの -東北の風土とモノづくり-」

開催期間 2016年5月3日(火・祝)~29日(日) ※最終日は16:30まで

主催/ 大野木工生産グループ
    東北工業大学ライフデザイン学部安全安心生活デザイン学科
    みやぎ地場産品開発流通研究会
    株式会社清月記 ライフスタイル・コンシェルジュ
後援/ 公益財団法人仙台市市民文化事業団

↓ 画像はクリックすると拡大します

チラシ   表
里もの チラシ裏