2月24日(水)13:00~15:00で、現在アートスペースで作品を展示させていただいているイラストレーター 佐々木 洋子さんを講師にお招きし、佐々木さんの作品の特徴でもある水彩画のような墨画のようなタッチの描き方を教えていただきました。
hp3
作品を描くのに用いたものは、自分で削った割り箸です。ざっくりと削っただけの割り箸にインクを付けて、水でぼかしながら描く方法を最初に学びました。
hp5
その後、水彩絵の具と筆で描きたいモチーフを描き、インクと割り箸で仕上げるという手法で作品を完成させていきました。間もなくひなまつりということから、お手本として佐々木さんが描いたひな人形のコピーをお渡ししたところ、それに倣って描く方がほとんどでしたが、それぞれ個性ある華やかな作品となりました。
hp7
午後のセミナーでしたので、ティータイムには弊社飲食事業部「一乃庵.」のデザートプレートとコーヒーをひとつのテーブルを囲みながら召し上がっていただきました。夢中になって完成させた作品について、それぞれが感想を述べ合っていらっしゃいました。また、お帰りの際には、ゆっくりと佐々木さんの作品をご覧になってから帰路に着いておられました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 割り箸で書く絵を楽しみに来ました。でも難しかったです。コツを掴むまで大変でしたが、文字を先生に書いていただき、何とか完成しました。今度は文字の書き方も教わりたいと思いました。また次回もやってほしいです。
  • 初めは少し私には難しく思いましたが、練習するにつれ楽しくなってきました。全くの絵ごころ無しの私も大変楽しめました。
  • 最初は書き方の順番が分からなくて戸惑いました。書いている内に楽しくなり、時間を忘れてしまうほどでした。作品が出来上がりとても嬉しく思います。また参加したいと思っています。
  • 初めての参加でしたが、とても素敵な所で大変素晴らしかったです。
  • 初めての描き方で良く出来ませんでしたが、大変面白く楽しい時間をありがとうございました。家ですぐ書いてみたいです。
  •  

    ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

    ラウンジセミナーの情報はこちら