11月18日(水)10:00~12:00で、相続手続支援センター仙台 お客様相談室の宮野 純子氏を講師にお迎えし、相続における事前準備について、失敗事例もご紹介いただきながら教えていただきました。
hp1
hp8
また、おひとり様だからこそ相続のためにしておくべき生前対策や、財産目録の作り方、相続に役立つエンディングノート記入のポイントについても教えていただきました。教材のエンディングノートは弊社のノートを利用いただいております。
hp6

おひとり様が考えておかなければならないこととして、「判断能力が不十分になってしまった場合の支援」が挙げられます。そのための制度や見守り契約、財産管理委任契約をはじめとする生前に準備しておくべき内容についても丁寧にご説明いただきました。その上で、自分が築き上げてきた財産が、顔も見た事のない親族に渡ってしまう可能性ついて説明が及ぶと、自分の意思を遺言書やエンディングノートで生前に示しておく必要性を強く実感されたお客様が多かったようです。

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」の中華点心メニューをご賞味いただいております。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

    • 相続は発生しなければ分からない事なので、とても大変なことだと思いました。残された家族のためにエンディングノートの記入はとても大切だと思います。早速書いて安心したいです。
    • 日頃関心はあってもなかなか実際に実行しないのですが、今日エンディングノートをいただいて書いてみようと思いました。聞きやすく分かりやすいお話で参考になりました。来て良かった!!です。
    • 知らない事もいっぱいある相続。その一端に触れることができて少しだけ分かったような気がしました。前から遺言書を書こう書こうと思いつつ、この歳まできてしまいました。やはり遺言書があれば、残った人々に迷惑をかけることが少ないかと思います。近い内に実行したいと思います。
    • 大変参考になりました。故人の登記を早速したいと思いました。

 

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーの情報はこちら