7月16日(水)13:30~15:00で、現在アートスペースで作品を展示しているガラス作家のまつださゆりさんを講師にお迎えし、作品を作る工程やその特徴について教えていただきました。
hp1
ナビゲーターとして、南町通りにあるオープンギャラリー「くろすろーど」オーナーの黒須敦子さんにもご協力いただき、分かりやすく、かつ楽しく進行いただきました。
hp2

作家ご本人が作品やその制作過程について語る内容は大変興味深く、特にガラス作品を作る工程の手順の多さや温度の見極めの難しさには、驚く表情を浮かべるお客様もいらっしゃいました。
hp4
ガラス作品は、一般的に「吹きガラス」のイメージが強いですが、まつださんはそれ以外の技法も用いながら作品を作られる作家さんでもあります。様々な技法について画像を用いて説明いただきましたが、そのどれもが初めて見るものばかりで、参加されたお客様からは「今日は本当に参加して良かった」という声が多く聞かれました。セミナー終了後に改めて展示作品をゆっくりと鑑賞される姿が多く見受けられました。

まつださんからは、ティータイム用にと、グラス・お皿・手作りの黒文字・落花生型の箸置きを事前に参加人数分お借りし、弊社飲食事業部「一乃庵.」がスイーツメニューを考案いたしました。
まつださんリクエストの「黒文字でいただけるスイーツ」という要望に応えたメニューは大変喜ばれました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 本当に楽しかった。色々な作り方、制作過程があって職人技を感じた。頑張っていただきたい。
  • ガラスは化学・科学ですね。だから綺麗でいつまでも見ていたい。不思議な美しさに見入ってしまうのですね。初めて伺う話ばかりでした。また、大変な創作過程ですね。
  • 手作りのガラスの食器は手間もかかり、何回も釜に入れ、お値段が張るのも納得。とても良いセミナーでした。
  • 作家さんから直接作品の説明を頂き、貴重なお話を聞くことができて有意義な時間を過ごさせていただきました。
  • 夏らしいテーマにあっという間に時間が過ぎました。大変有意義なものでした。大変なお仕事だとつくづく感心して聞かせていただきました。
  • ガラス作家のご苦労を知る良い機会でした。
  • 普段聞くことができない話を聞くことができて、楽しい時間を過ごすことができました。まつださんのグラスやお皿が素敵で、同じ席の初めてお会いした方とも器を見ながらおしゃべりができて有意義な時間でした。
  • 美しいガラスの作品が沢山の工程で出来上がることを知りました。楽しい時間でした。

 

ラウンジセミナーは、毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。
ラウンジセミナーの情報はこちら