7月2日(水)10:20~12:00で、鳴海屋紙商事㈱ 統括本部長 鳴海 幸一郎氏を講師にお招きし、「仙台七夕のいろは ~より仙台七夕まつりを楽しむために~」と題して、仙台七夕まつりの歴史や意味、七夕飾りの見方のポイントなどを詳しく教えていただきました。
hp1

七夕の七つ飾りのそれぞれの意味について、実際の飾りを見せていただきながら説明を受けましたが、ほとんどのお客様が込められている意味の深さに感心しながら聞き入っていらっしゃいました。
hp3
地元の大切な行事であるにも関わらず、実は知らないことが多いことを改めて実感された方が多かったようです。このセミナーは、昨年7月にも実施いたしましたが、やはり「改めて仙台七夕まつりの魅力を感じた」という声が多かったため、今年も再企画いたしました。今年参加されたお客様も十分に魅力を感じていただけたようです。
hp4
仙台七夕まつりの伝統を守り、新たなことに挑み続ける鳴海氏の姿勢に共感のこえが多く寄せられました。

七夕まつりの準備や撤収作業に加え、まつりで使用した竹が竹紙にリサイクルされるまでの工程もDVDで紹介され、鳴海氏をはじめ、華やかなまつりの裏で時間と闘いながら支えてくださっている方々に感謝せずにはいられない内容でした。
地元にいながら知らないこと、地元にいるから知らなければならないことは本当にたくさんある、と実感するセミナーとなりました。

セミナーの中では「花ひらき体験」もあり、仙台七夕のくす玉を彩る花を参加者全員で作り、一人一輪ずつお持ち帰りいただきました。今年の仙台七夕まつりを、これまでとは異なる想いでご覧になる方が多いことと思います。
⑥

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」による和食膳メニューをご賞味いただきました。

来週9日も本日と同じセミナーを実施いたします。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 知っているようで知らないことが多いと実感。飾りを作る裏話等、とても楽しく聞けました。今年は教えて頂いた事を踏まえて、七夕の良さをじっくり見たいと思います。
  • 楽しくお話を伺いました。仙台七夕の伝統を守っていただきありがとうございます。これからも美しい七夕を守りつつ、より発展しますようお祈りいたします。
  • 七夕がこんなに大変だと思いませんでした!作ることが大変しか考えていませんでした。仙台に来てから45年、今やっと七夕の見方の話ができると思います。最初にお茶飲み場から始めます。ありがとうございました。これからも頑張ってください。
  • 仙台人として仙台七夕のことをしっかり聴けて良かったです。がんばっている鳴海屋さんを陰ながら応援し続けたいと思います。今年も七夕祭りを心して観賞したいと思っています。お客様方にも声を大にして宣伝したいと思いました。
  • 熱のこもったリズムのいい語り口で、とても聴きやすかったです。

 

ラウンジセミナーは、毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。
ラウンジセミナーの情報はこちら