1月22日(水)10:30~12:00で「なつかしふるさと 昭和あのころ②」と題して、仙台市在住の画家 小野寺 純一氏を講師にお招きし、なつかしい昭和の仙台について、小野寺氏が手書きされた資料とともに、映像や音源資料も活用しながら教えていただきました。
hp1
hp3
昨年4月に同講座を企画したところ大変好評だったため、第二弾として企画いたしましたが、今回もまたたく間に満席となりました。
「懐かしの世界を思い出すことは体にとても良いことです。どんどん昔のことを思い出しましょう。」という語りかけから始まり、昭和の懐かしい映画と出演俳優、当時の服装や髪形など、懐かしいテーマのお話がどんどん展開されていきました。
hp4
それを聞きながら当時の自分たちの暮らしぶりを各々思い出されていたようです。映像や音源には、思わず「懐かしい!」という声が上がりました。思いがけない懐かしい思い出と出会い、楽しい時間を過ごされた参加者が多かったと思われます。とても良い表情をなさっておりました。

アートスペースには小野寺 純一氏の絵画も展示されており、講座終了後にゆっくりと鑑賞されるお客様の姿がございました。
①

軽食は、弊社飲食事業部「一乃庵.」の和食膳メニューをご賞味いただきました。 懐かしい話題でお食事後も会話が盛り上がっておりました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 映像や昔のラジオの音声など小野寺さんのお話の他にも楽しめる仕掛けがありとても楽しめました。
  • 自分より少し前の年代のお話でしたが楽しかったです。小野寺先生の絵は大好きで人柄も思った通り優しい方でした。
  • 昔の事が思い出されて懐かしく時を過ごすことが出来ました。「三つの歌」が自然に口から出たのは私自身びっくりしました。
  • 懐かしい話たくさんありがとうございました。3回目、4回目と企画されるのもひとつの考えかと思います。
  • お話の内容も映像も全部きっちりと記憶にあります。大変懐かしく楽しく時を過ごしました。

 

ラウンジセミナーは、毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。
ラウンジセミナーの情報はこちら