25月8日(水)「おいしい中国茶を愉しむ会」と題して、「茶ろん もも」の小関 あけ美氏を講師に迎え、中国茶の種類と淹れ方を教えていただきました。講師自らが台湾から仕入れて来られた新茶等数種を、中国茶の茶道具で淹れながら、ゆっくりと時間をかけて愉しみました。茶道具に初めて触れる参加者がほとんどでしたが、2煎3煎目と進むにつれて、互いのお茶を勧め合う姿も見られ、和気あいあいとした雰囲気で講座が進みました。

 

 

1

 

同じ中国茶でも、種類が違えば味や見た目は異なります。
それぞれをドライフルーツや「一乃庵.」の点心、「茶ろん もも」のチーズケーキなどと合わせ、飲み比べては味の感想を参加者同士で伝え合っていました。香りを愉しみ、味を愉しみ、最後にはお花と茶葉を加工した「工芸茶」が振る舞われ、中国茶を目で愉しむこともできました。おいしいお茶と食事&スイーツに大満足の講座となりました。

 

3

 

以下はアンケートに寄せられた参加者の声です。

  • 中国茶は数種類しかいただいたことがありませんでしたが、1,000種類位あると伺い、大変驚きました。奥深い中国茶に触れさせていただき、また実際のお茶もとても美味しくいただきました。 久しぶりに優雅なひとときを過ごさせていただきました。
  • 日常の中にこんなひとときが、これからもあったらいいね。
  • 中国茶の事がよく分かり楽しかったです(なかなか聞く機会がありませんので)。講師の方もとても感じが良かったです。
  • 初めての中国茶でした。味、香りを楽しめました。

 

ラウンジセミナーは、毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。
ラウンジセミナーの情報はこちら