3月20日(水)10:30~12:10でラウンジセミナーとしては、初めての演奏会を実施いたしました。地元仙台の南米アンデス音楽のフォルクローレ・グループ「エル・アルマ」のメンバー5名をお招きし、「コンドルは飛んでいく」を始めとした数曲を演奏いただきました。サンポーニャやチャランゴ、ケーナ、ボンボなどの民族楽器で奏でられるリズムに楽しそうに手拍子で応える参加者の姿がありました。少人数の贅沢な空間で、楽器のダイナミックな音を全身で受け止めながら、時間が経つのを忘れて楽しんだ方が多かったようです。今後も演奏会の企画を望む声が多く寄せられました。

 

1

 

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」が洋食メニューをご用意いたしました。エル・アルマのメンバーも同席して楽しい軽食タイムとなりました。

 

3

4

 

以下はアンケートに寄せられた参加者の声です。

  • とても素晴らしいコンサートでした。フォルクローレの音楽を身近で体験出来て本当に良かったです。
  • 白を基調とした素敵な室内でエル・アルマの素晴らしい演奏を聴いて、行ったことのない南米の踊りや祭りを連想できました。スタッフの行き届いた接待もとても良かったです。
  • 私も知っている曲でとっても楽しかったです。元気の出る演奏会でした。明日からまた頑張れます。
  • アットホームな雰囲気が良いと思った。
  • 楽しいひとときでした。非日常的な音楽であり、テレビ等でしか耳にしないので、楽しいものでした。
  • とっても楽しかったです。また参加させてください。

 

ぶらんど~む一番町からは、演奏されているエル・アルマのみなさんの後ろ姿が見え、多くの方々が足を止めて2階のラウンジを見上げていらっしゃいました。

 

2

 

ラウンジセミナーは、毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。
ラウンジセミナーの情報はこちら