3月19日(火)独立行政法人国際協力機構(JICA)東北支部より安住様と布施様、体験談発表に2006~2008年にメキシコへ手工芸隊員として派遣された佐藤みえ子様をお招きし、シニア海外ボランティアについて教えていただきました。

 

1

 

3会場にメキシコの民族衣装や手工芸品などもお持ちいただき、佐藤様と布施様は衣装を身に着けて対応してくださいました。

 

海外ボランティアに関心の高い方々が参加されていたため、体験発表に身を乗り出すようにして聞いておられる方や直接質問をなさる方が多く見受けられました。
異文化に触れ、新たに何かを始めたいと思われた方が多かったようです。自分にも何かできるのでは、と自信につながったというお客様もいらっしゃいました。

 

2

 

以下はアンケートに寄せられた参加者の声です。

  • 思っていた以上の話を聞けて良かったです。
  • 世界が広がっていく自分がいます。パワーをいただきました。
  • 海外で活躍している様子に自分でも行けるかなーと身近に感じさせてくれた。
  • 語学力が問われること、開発途上国ということを考えると無理かなと思います。身の安全を第一に考えたいと思います。
  • 気軽に色々参加して、これからの人生の過ごし方に役立てたいと思います。

恒例の軽食タイムには、弊社飲食事業部「一乃庵.」が中華メニューをご用意いたしました。軽食を囲んで、参加者同士の会話は尽きず、予定時間を10分オーバーして終了いたしました。

 

ラウンジセミナーは、毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。
ラウンジセミナーの情報はこちら